ファイナンシャルプランナー(FP)合格は通信講座で!

通信講座はメディア教材のついている講座を選ぶのがお薦め!

通信講座を比べるポイント

●最近は、大手専門学校の授業でもメディア教材は活躍しています。
そもそも通信講座は、距離的や時間的な制約あるために学校へは通えない方へ向けたサービスでした。
「自宅から通える距離にスクールがない」
「残業が多いなど仕事の時間が不規則で通学は無理」
そんな学習者へむけて、教室で授業を受けるのと同じような学習効果を通信講座は提供してきました。ですからかつては、『できれば通学、それが無理なようなら通信講座』という選択がされていました。

しかし近年は、その事情も大きく変わってきています。スクールへ通える条件が揃っていても、あえて通信講座を選んで勉強する人が増えているのです。その理由は、CDやDVD、またまたe-ラーニングシステムなど、メディア教材の発達にあります。
メディア教材の進化は本当に著しいですね。ファイナンシャルプランナー(FP)の試験勉強でも、DVDでのパソコン学習を好まれる方がたくさんいます。DVD学習は時間を選ばす、たとえば深夜でもパソコンを立ち上げさえすれば、すぐに授業を始められます。また1回かぎりの生の講義とはちがって、何度でも繰り返して観ることができます。

最近では大手の専門学校でも、教室でメディア授業のみ提供している学校もふえています。何か変な感じもしますが、それはやはりメディア講義の学習効果が高いことの証なのでしょう。

というわけで、通信講座を比較するポイントの1番は「メディア教材がついているかいないかです」。

●メディア教材は、講師が画面から語りかけてくるタイプが使いやすい。
通信講座を比較するポイントの2番は「メディア教材が自宅学習専用」に作られているかどうかです。メディア教材でさえあれば、みんなどれでも同じ学習効果が上げられるかどうかといえば、なかなかそうも言いにくいところがむずかしいところです。

専門学校が提供するメディア教材には、単に教室で行われる講義を撮影して、メディアに収めただけのものもあります。一流校の先生方ですので、確かに講義の内容は素晴らしいのですが、DVDを観ていてつらくなることがあるかもしれません。それもいたしかたのないところかもしれません。というのも教室講義の収録ですと、先生は教室に集まっている受講生さんに向け授業をしているわけで、決してパソコンの前の自宅学習者を意識しているわけではありません。
ですから決して、画面から学習者へ向け語りかけてくるというような臨場感もありません。

このことは基本的テキストのクオリティーとの兼ね合いなどもありますので、一概に比較はむずかしいですが、メディア教材は「自宅学習専用」につくられているものの方が使いやすいことはまちがいありません。

次のページへ >>

この勉強法なら合格できる! >>
安心感抜群のFP通信講座 >>